ゼニカルはどうやって飲む?

ゼニカルは、非常に用法用量が非常に簡単で食後1時間以内に内服するだけで食事などで摂取された脂質の約30%吸収する事無く尿や便として排出する高度肥満治療に用いられている医薬品です。
ゼニカルは、一般的なダイエットの様な摂取カロリーの制限や基礎代謝を向上させる為の運動、禁酒などストレスの原因となる生活習慣の改善の必要が無く、普段通りの生活を過ごしながら食事の度にゼニカルを服用し続ける事でダイエット効果が得られます。
その為、ストレスによる過食や辛さによるダイエット断念などによるリバウンドも無くダイエットを成功させる事が出来ます。
ゼニカルは、服用してから数日で医薬成分の98%以上を内臓に蓄積する事無く排出され、同様に高度肥満治療に用いられる食欲抑制剤の様に直接脳の中枢神経に作用する事が無いので、服用中の体への負担もほとんど無く重い副作用の発症リスクや服用作用の発症頻度が低く、とても安全性の高い肥満治療薬としてFDAでCOT医薬品に承認されています。
その為、ゼニカルの継続使用期間に対する制限が無く、体重のコントロールを必要とする長期間でも服用が可能です。
ゼニカルの基本的な作用機序は、飲食により摂取した分子量の大きな脂質を消化器官で吸収可能な分子量の小さな脂質に分解する消化酵素リパーゼと結びつく事でリパーゼの働きを弱め、摂取した脂質の約30%を未分解かつ未吸収のまま排出しダイエット効果を示します。
その為、排便が非常に柔らかい油状になり、便意も無く漏れ出すしたり、おならと勘違いして漏らすなどのトラブルが多く、加えてゼニカル服用中の便は臭いが強くなる事が多いので女性は特に気をつける必要があります。
しかし、ゼニカルはジェネリック医薬品が多く市販化されており、従来に比べて価格的に非常にお手頃となっているので経済的な負担も少なく、成功率の高いダイエット方法としてオススメです。

ゼニカルはまとめて買うのが良い

痩せるためのお薬のゼニカルは、まとめて買うのが良いというのは、インターネット通販での割り引きを意味しているからでしょう。
ただ最初から海外からの、インターネットを利用した個人輸入代行サイトを利用することなく、まずは国内にある病院での入手が安心です。
それは、ゼニカルはダイエットに役立つお薬ではありますが、内容的には副作用も併せ持つ医薬品であるためです。
だから安いだけを目的として、初めから個人輸入サービスを利用すると、正しい服用方法や、対処方法だとか、困ったときの相談もできなくなります。
インターネットを利用した、海外からのお薬の入手は、あくまでも購入が出来るだけであって、それに対しての責任は一切もってはくれません。
インターネットの個人輸入代行サービスのサイトは、通販会社でしかありませんので、病院のように直接相談を持ちかけて、問題があった時にも医療対応をしてくれるということがありません。
すべてが自己責任になりますので、まとめ買い以前に本当に、通販で入手をして自分の体に入れてもイカを考えるべきでしょう。
安さだけを求めたら、ネット通販での購入で、まとめて買って入手できれば、お財布には良かったということになるでしょう。
しかしそこには、お薬に対しての、しっかりとした説明や注意事項等はなく、副作用が起きたとしても自分で慌てることになります。
だから、最初は費用面などを優先したくても、安全を重要視したら、病院へ行っての相談がいいでしょう。
病院の場合でしたら、お金を積んだとしても、あまりまとめ買いはできませんので、ある程度飲んでみてから、自分に合うようだったら、また病院で相談をするという形になるでしょう。

ゼニカルの飲み過ぎは危険

ゼニカルは、食事制限や運動、アルコールの摂取制限などストレスのたまる事は必要なく、ただ食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が得られるので、服用量を増量してより大きなダイエット効果を得たいと思う方も多いと思いますが、医薬品である以上過剰摂取は様々なリスクがあるとされ、過剰摂取する場合は24時間態勢の経過観察が必要とされています。
しかし、臨床試験では、標準体重の被験者と肥満症の被験者に対して1日1回800mgと1日3回400mgの服用を15日間継続しましたが、身体的な問題や重篤な副作用も無かったとされています。
ゼニカルは、1日の服用量が400mgまでは最大効果が上昇しますが、1日の服用量が400mg以上の場合は以後最大効果がほぼ横ばいになり、ゼニカルは400mg以上の服用量と脂肪排出率は比例しない医薬品です。
しかし、ゼニカルの主成分オルリスタットを120mgを含み1日の服用量が360mgの医薬品の脂肪排出率は約30%であり、オルリスタットを60mgを含み1日の服用量が180mgの医薬品の脂肪排出率は約25%と1日の服用量が400mgでも然程大きな差は無いとされています。
ゼニカルは、高度肥満症の患者の治療に使われている食欲抑制剤の様に脳の満腹中枢に直接作用する強力な医薬品では無く、長い期間をかけて身体に対する負担を最小限にウェイトコントロールする医薬品なので、適切な用法用量を守って安全に使用するべきです。
又、ゼニカルは、普段の生活習慣を無理に変える必要が無くストレスがたまらないので、ストレスによるホルモンバランスの乱れによる体調不良や肌トラブルなども無く健康的にダイエットが出来ます。