ゼニカルと相性の悪い肥満細胞症とジュースについて

ゼニカルには、肥満細胞症や熱帯性スプルー症、ウィップル病、慢性吸収不良症候群など相性の悪いアレルギー疾患が幾つか存在します。肥満細胞症は、肥満を冠したアレルギー疾患ですが肥満とは余り関係がなく、アレルギー反応や胃酸の分泌に関与するヒスタミンを産生する肥満細胞の数が数年かけて増加し発症する疾患であり、皮膚に症状が現れる皮膚肥満細胞症と他の部位に症状が現れる全身性肥満細胞症があります。特に全身性肥満細胞症は、肝臓や脾臓、胃など全身に肥満細胞が蓄積する事により肝不全や脾臓の機能不全、消化性潰瘍などを引き起こします為、ゼニカルの服用は肝不全を悪化させるリスクがあります。
ゼニカルは、服用後数日で医薬成分の約98%以上体外に便として排泄される安全性の高い肥満治療薬としてアメリカの食品医薬品局にOTC医薬品に承認されていますが、日本国内では未承認の医薬品です。ゼニカルは、食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が得られ、食事制限や運動などの必要がなくストレスがたまらないので、ストレスによる過食や体調不良もなく身体的にも精神的にも健康なダイエット出来ます。服用するだけのゼニカルは、摂取した脂肪を消化器官で吸収可能にする消化酵素リパーゼに作用する事で不活性化し、脂肪の吸収を出来なくしてそのまま便として排泄させる効果があります。しかし、脂肪と共に脂溶性ビタミン類が排泄されてしまう為、ビタミン欠乏症を発症するリスクが高くなります。その為、サプリメントや多くの野菜の入った野菜ジュース、ミックスジュースなどで不足するビタミンやミネラルを補う必要があります。又、食物繊維や鉄分、カルシウムなどの栄養素が添加されているジュースを毎日飲む習慣をつければ、無理なく栄養バランスが取れダイエットに役立ちます。